筋トレが必須なのでしょうか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

昔、炭水化物を少なくする方法で減量を試みたことがあります。よく噛むことで、満足度をあげようとしましたが、辛かったです。日本の人間なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを恋しく思います。なので、今現在は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝食と昼食は通常通りに食べるようにしています。

世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はあり得ません。ただし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含まれている場合など、お通じを促進してくれるものはダイエット、痩せるのに効果がありますよね。

あなたもご存知のように、野菜やきのこ類、海藻類を積極的に取り入れると、体重が増えにくくなるでしょう。加えて、できる限り、太りやすい食べ物を控えなければなりません。ぜい肉を減らすには有酸素運動がお手軽に出来るので、推奨できるのです。私は家の中で踏み台昇降を行っています。これを長く続けると、心臓がバクバクいいますし、膝の上下の筋肉も使うので、その動きよりもずっと体力が求められます。これをテレビをつけてしていますが、すごく気になる部分のサイズが減りました。若いころは基礎代謝がとてもいいので、少し食べ過ぎて体重が増えたとしてもしばらく経てば元に戻ることが多いと思います。

けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝が衰えてしまい、エネルギーの消費量も下がるので、何もしなかった場合太りやすい体になります。ダイエットに効果があるのは息の上がる程度の運動と筋トレです。遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋トレで使用するのは速筋が鍛えられます。遅筋は筋が肥大しにくく、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。遅筋と速筋を同じように鍛えると、バランスの良いスタイルがなります。基礎代謝量をあげるためには有酸素運動を行うことが効果的とされています。一番簡単にできて効果があげやすいのはウォーキングだとされています。といってももちろん、ダラダラ歩くだけでは基礎代謝の向上にはつながりません。たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎を引いて前をしっかり見ながらなど、筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果的なウォーキングができます。

一般的に言って、基礎代謝の平均値は20代に入りだしてからだんだんと落ちていってしまうものです。これは成長期が終わったこととともに代謝量が安定するようになったことと、運動量が減ったことにより筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。中年と呼ばれる年代に差し掛かると太りやすい身体になっていくのはこういうれっきとした理由があるのです。自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは必須ですよね。なぜならば、自分の基礎代謝量の知識なしでは、自分がどのくらいカロリーをとるべきなのか理解することはすることはできないからです。若かったあの時のような無理してダイエットするのが体力的にやばくなった分、常時冷静に数値を考えていきたいと思うこの頃です。ダイエットを頑張るならとにかく筋肉を増やして基礎代謝をあげて燃えやすい状態にする事が重要です。

ダイエットする為にはどんな筋トレが必須なのでしょうか?マラソンなどの有酸素運動が効果的ですが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。軽度の有酸素運動の以後に筋力トレーニングを実施し、最後にまた軽く走ったりするのが効果が表れやすいようです。体重を減らす為に朝食を抜くのは体調を崩してしまうので、抜かずに食べる方が効果的です。カロリーを考慮する場合は主食のお米をグリーンスムージーやヨーグルトに変えて食べるといいです。他にも、茹でた野菜や温かいスープも代謝が上がりますし、肌の調子も良くなります。栄養のあるバナナを朝ご飯にしてもいいので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.connorkirbymemorial.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13

このブログ記事について

このページは、Sy8855Adm112ratorが2016年3月11日 02:45に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「効果もあるのはウォーキング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。